道具を使ったプレイ

標準

身近に購入することはできても、なかなかパートナーには言い出せないプレイで道具を使ったプレイがあります。AVの影響によりアンマ機を使ったプレイが流行っているようですが、アンマ機は一般家電店などで簡単に購入できます。ですがあまりに流行り過ぎている影響もあってか、家電でありながらラブホには必ずといってよいほど準備されており、いわゆる大人のオモチャ扱いを受けているほどです。

昔からある大人のオモチャも、現在ではネットやラブホ、ディスカウントストアなどで簡単に入手することができます。以前に比べると身近なものに感じますが、恋人や夫婦などで使うには抵抗がある人が多いようです。

風俗では道具を使ったプレイは、オプションであることがほとんどです。オモチャは人によっては刺激が強過ぎる場合があります。風俗嬢であってもそれは同様で、道具によってオプションの価格が違っていたり、断る人もいます。道具を使ってプレイすることは、体を使ってプレイするより刺激が強く、相手の反応も激しくなります。そのため性に対して貪欲であり、S気が強いということになります。こうしたことがパートナー同士では言い出せないことになるのですが、遊びである風俗では楽しむことができるのです。

ローションプレイについて

標準

ローションプレイとは、ペペローションを使って行うプレイの総称であり、もとはソープランドで行われていたものです。ソープランドのプレイは、大きく3つに分けられます。湯船の中で行われるプレイ、ベットプレイ、そしてエアマットで行われるマットプレイです。

ソープランドは昭和の時代はトルコ風呂といわれていました。諸事情により現在の名称になってのですが、もとがそのような名前ですので、入浴に関することが内容に関わってきます。入店して受付で支払われるのは入浴料ですし、入浴する前に体を洗うことさえプレイの一部となり、湯船の中でもプレイは行われます。そのため石鹸を使って行うプレイもあるのですが、より滑りをよくするにはローションが使用され、その滑りは新たな快感を生むことになりました。

ソープの代名詞ともいうべきローションプレイですが、ヘルスでも同様のプレイを行っているマットヘルスという店もあります。またマットプレイには及ばないまでも、ヘルスではローションを利用したプレイは行われています。ある程度の熟練度が必要なプレイのため、風俗ならではのプレイだといえます。パートナーにはなかなか頼みにくいことでもあるため、このプレイを満喫するには、やはり風俗で楽しむのが一番のようです。

イメージプレイってなに?

標準

イメージプレイは、イメクラ(イメージクラブ)から始まったプレイで、いろいろなシチュエーションで行うことができます。オフィスで部下や上司を相手に、学校で女生徒を相手に、電車で痴漢行為など場合によっては犯罪行為になることを、AVではそのシチュエーションをもとに製作されています。似たようなことを行ってみたいと思っても、リアルで行うと犯罪行為になり、当然行うことはできません。

その欲求を行うことができるのがイメージプレイです。イメクラ時代にはそのようなシチュエーションがほとんどだったのですが、最近ではリアルをベースに行うことの他に、アニメや漫画をもとにしたいわゆる2次元コスプレを行う店も存在しています。

イメージプレイは店舗、派遣両方の風俗店で行うことができます。店舗型はやはり衣装や舞台の演出が豊富といわれています。しかし最近では派遣型のイメクラ風俗店でも衣装のバリエーションが増えてきています。別途料金が発生する場合もありますが、なかには無料で追加できるオプションメニューもあります。ガーターベルトや眼鏡、ハイヒールなど、自分好みの女性と楽しい時間を過ごすことが出来るでしょう。

イメクラでは自分の理想のイメージを妥協せず、追求した方がより楽しめます。恥ずかしがらず、理想通りの女の子を探して下さい。店舗型、派遣型どちらを選ぶかを考えるのもまた楽しみだといえるでしょう。

関連リンク|https://gotanda-fuzoku.jp/
派遣型の高級会員制イメクラ【CLAUDIA】

風俗ならではのプレイ

標準

時代が変わり、風俗に求めるものも多様化してきました。デリヘルの人気が出たのも、時代のニーズに応えたといっていいでしょう。現在は癒しを求めている人が多く、風俗にそれを求める人が増えています。また自分の生活を最優先とし、自分の時間を大切にする人が増え、パートナーを必要としない人も増えています。

デリヘルはその形態により素人が多く、限られた時間だけ恋人気分を味わうことができるのです。デリヘルはまさに時代に沿った風俗だといえるでしょう。ですがこれは風俗の新しい顔だともいえ、風俗はそれだけに特化しているのではありません。

癒しや恋人気分というのは、あくまで風俗の一部の顔であり、すべてではありません。昔から風俗“遊び”というのですから、パートナーでは断られてしまうようなプレイでも楽しめることができるのが風俗遊びなのです。人にはそれぞれ趣味や趣向があります。場合によってはフェチズムといわれ、愛好家が存在します。ですがそのような性的嗜好は、マニアでないと理解できないこともあり、なかなか人前で話せることではありません。特に大切なパートナーを相手にしては、嫌われてしまうのではないかと躊躇ってしまいます。犯罪的なことならともかく、合法であれば平気なはずですが、それがたとえ簡単なことであっても、性に対してオープンな人以外は、いいだせないものです。

風俗ではそれを隠す必要はありませんし、それに特化した店もあります。性に対してオープンであり、自分を曝け出すことができるのが風俗遊びなのです。