ローションプレイについて

標準

ローションプレイとは、ペペローションを使って行うプレイの総称であり、もとはソープランドで行われていたものです。ソープランドのプレイは、大きく3つに分けられます。湯船の中で行われるプレイ、ベットプレイ、そしてエアマットで行われるマットプレイです。

ソープランドは昭和の時代はトルコ風呂といわれていました。諸事情により現在の名称になってのですが、もとがそのような名前ですので、入浴に関することが内容に関わってきます。入店して受付で支払われるのは入浴料ですし、入浴する前に体を洗うことさえプレイの一部となり、湯船の中でもプレイは行われます。そのため石鹸を使って行うプレイもあるのですが、より滑りをよくするにはローションが使用され、その滑りは新たな快感を生むことになりました。

ソープの代名詞ともいうべきローションプレイですが、ヘルスでも同様のプレイを行っているマットヘルスという店もあります。またマットプレイには及ばないまでも、ヘルスではローションを利用したプレイは行われています。ある程度の熟練度が必要なプレイのため、風俗ならではのプレイだといえます。パートナーにはなかなか頼みにくいことでもあるため、このプレイを満喫するには、やはり風俗で楽しむのが一番のようです。